海外旅行に必要なマイル数とは / ANA・JALの特典航空券で憧れの地に行こう~!

海外旅行に必要なマイルとは

これまで「ハピタス」や「モッピー」といったポイントサイトで「ポイントサイトを貯める」→「マイルに交換する」という流れをざっくり説明してきましたが、今回の記事では「どのくらいマイルを貯めたら海外旅行に行けるのか?」について解説します。なぜなら早い段階で目標設定をした方が、ポイントゲットも頑張れるからであります!
【サイトを開設した経緯】マイルを貯めるのは簡単 / 記事の順番通りに真似をすればOK!

特典航空券

さて、行き先や時期によって「必要なマイル数」は変わってきますが、今回は多くの人にとって最初の目標である『エコノミークラス・通常期(R / レギュラーシーズン)』で検討しましょう。ビジネスクラス・ファーストクラスは「ポイント獲得 → マイル交換」をマスターした先に待っています。

まずは焦らず。憧れの地にマイルで行く喜びを味わうため、また「マイルで海外」は、意外と難易度が低いことが分かるハズなので、ぜひじっくり確認してみてください。

ANA(東京発着・レギュラーシーズン)

2018年 3月1日~3月31日 / 5月8日~7月25日 / 8月21日~12月18日
2019年 3月1日~3月31日 / 5月8日~7月24日 / 8月20日~12月17日
2020年 3月1日~3月31日
区分 目的地 必要マイル(往復)
韓国 ソウル 1万5000
アジア1 北京・大連・瀋陽・青島・上海・杭州・広州・廈門・成都・武漢・香港・台北・マニラ 2万
アジア2 シンガポール・バンコク・ホーチミン・ヤンゴン・ジャカルタ・ムンバイ・デリー・ハノイ・クアラルンプール・プノンペン 3万5000
ハワイ ホノルル 4万
北米 ロサンゼルス・サンフランシスコ・シアトル・サンノゼ・ワシントン・ニューヨーク・シカゴ・ヒューストン・バンクーバー・メキシコシティ 5万
欧州 ロンドン・パリ・フランクフルト・ミュンヘン・デュッセルドルフ・ブリュッセル 5万5000
オセアニア シドニー 4万5000

JAL(東京発着・シーズン関係ナシ)

区分 目的地 必要マイル(往復)
韓国 ソウル 1万5000
アジア1 北京・大連・瀋陽・青島・上海・杭州・広州・廈門・成都・武漢・香港・台北・マニラ 2万
グアム グアム 2万
アジア2 クアラルンプール・ジャカルタ・シンガポール・デリー・ハノイ・バンコク・ホーチミンシティ 3万5000
オセアニア シドニー・メルボルン 4万
ロシア モスクワ 4万
欧州 パリ・フランクフルト・ヘルシンキ・ロンドン 5万5000
ハワイ ホノルル・コナ 4万
北米 サンディエゴ・サンフランシスコ・シカゴ・ダラス・フォートワース・ニューヨーク・バンクーバー・ロサンゼルス・ボストン 5万

──ということで、いかがだったでしょうか。だいたい「マイルの価値は、1円~10円」と言われていて『エコノミークラス・通常期(R / レギュラーシーズン)』で考えた場合、1マイル=約2円となります。フツーに航空券を購入するよりも超お得なのは言うまでもなく、移動費で浮いたお金を現地で使えるからいつもより豪快に旅を楽しめるハズ。

もちろん現地での支払は「クレジットカード払い」がメイン(ローカルショップではカード不可の場合もあり)。日常生活でマイルを貯めるテクニックを旅行先でも駆使しましょう~!

目標を定めたら前に進むのみ

さあ、目標が定まったらマイル獲得を頑張るのみ。マイルの獲得方法は、何度もお伝えしているように難しいことではありません。

ハピタス」や「モッピー」といったポイントサイトで「ポイントサイトを貯める」→「マイルに交換する」という流れを繰り返すのみであります。

なお、過去記事では「ポイントサイトの攻略法」等も各記事にまとめてありますので、ぜひ繰り返し読んでマスターしてください~~~!
『ハピタス』の評判と危険性をまとめてみた 『モッピー』の評判と危険性まとめ / 「JALマイルを貯める方法」と「アプリインストールで月に1万円稼ぐ方法」も公開中 【保存版】マイルの貯め方・完全マニュアル! 超初心者にもわかりやすく解説するぞ!!

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です