【ハニベ巌窟院】石川県にある超ド級の珍スポットへ / アクセス・拝観料・営業時間等も解説!

珍スポットの聖地

一風変わった観光地のことを「B級スポット」もしくは「珍スポット」なんて呼んだりします。なかでも最強クラスとして名高いのが、石川県小松市の「ハニベ巌窟院」なのだとか。

なんでも迫力・オーラがあり過ぎて近寄りがたいという噂ですが、先日、石川県に立ち寄った際にパパッと行ってみたら……色々見応えバッチリだったので詳しく紹介します。

ハニベ巌窟院

場所・入場料金・営業時間

石川県小松市

金沢駅エリアから車を走らせること約45分ほどの距離にある「ハニベ巌窟院」。入場料金は、大人が800円で、小人(小・中・高校生)は500円。団体割引(20名以上 or 100名以上)も一応アリ。

そして、営業時間は2パターン。以下の通りです。

4月~9月 9時~17時
10月~3月 9時~16時

15mの大仏がお出迎え

迫力あり過ぎ

さて、のんびり田舎道の中に突如、現れる「ハニベ巌窟院」ですが、とにかく衝撃的なのは入口目の前にいる巨大な大仏。こちら “肩から上” の像で、高さは約15m。ちゃんと完成させると約33mになるそうです。デカ過ぎですね

入場料を払って中に入ると、あらためて「ハニベ大仏」の迫力が……! ちなみに大仏の下には、水子供養のお堂があります。

謎多きエリア

供養堂の先には……

さて、供養堂を通り過ぎ、階段を上って散歩気分でブラブラ進んでいくと……なんか色々います

──で、さらに奥にある階段を上っていくと……今度は「涅槃像(ねはんぞう)」が!

とても穏やかに寝ているのですが、なんというか “公園のベンチで寝ている感” がスゴイですね。サイズは6mとのこと。

地獄エリア

洞窟内へ

つづいてメイン「究極の地獄」に行く……前に、空海や親鸞、日蓮や蓮如らの像をチラ見。ちなみに、願い事を書いた素焼きの皿を箱(聖函)めがけて投げる「願皿」なるアトラクションもあり。かなりのカオス……そして地獄へ

メインの巌窟院は、全長約150m。ちゃんと案内があるため迷う心配はなし。セクシーなインド彫刻をはじめとする意味不明な作品群の奥に……たしかに地獄はありました。

ちなみにコチラは、馬頭(メズ)という地獄の門番

そして登場したのは「鬼の食卓」。暗闇で赤鬼がめっちゃこちらを見ています。説明文によると、メニューは「目玉の串刺し」「耳と舌の甘煮」「人血酒」など……怖すぎます。

その他にも「さらし首になっている人」や「食べ物を粗末にした罪で、餅つきの杵(きね)で鬼につかれている人」などなど……生きているうちに罪を犯した人間の像が、数多く展示されていました。

親子二代で……

世界平和や人類反映を願っている

今回ご紹介した「ハニベ巌窟院」は、彫刻主で初代院主の都賀田勇馬氏と二代目・伯馬氏によって手がけられたそうです。数々の仏像は「世界平和」や「人類繁栄」を願って作られたのだとか。

開洞は1951年、今なお進化を続けているらしい。たしかにカオスではありますが、逆に宗派を問わず誰でも参拝可能……のような気がしますので、近くに来る機会があれば立ち寄ってみてください。33mの巨大大仏が完成する日も近いかも。

とにかく見応え抜群の珍・観光地でした。

※ハニベ巌窟院の公式サイトはコチラ

住所等おさらい

ハニベ巌窟院

住所:石川県小松市立明寺町イ1番地
時間:4月~9月:9時~17時 / 10月~3月:9時~16時
拝観料:大人800円 / 小人500円(小・中・高校生)

飛行機内に持っていくべき「便利グッズ」を厳選して紹介! 長距離フライトを超快適に過ごそう~!! ハピタスの「外食モニター」は月1万円以上稼げる / 激ウマステーキを食べて約3000マイル獲得した流れを大公開!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です