【コスパ最高】年会費無料エポスカード発行で「ハピタス」6000ポイント獲得可能! さらにエポス5000円分もゲットできるぞ!!

エポスカード

ポイントサイトでクレジットカード発行を狙う場合、できれば発行後に本当に “使える” カードを発行したいものです。で、そんな “使えるカード” を発行するタイミングも、できれば大量にポイントが獲得できる時を狙いたいもの。

そこで今回ご紹介するのが、個人的に圧倒的にオススメできる『エポスカード』であります。

現在、最大手ポイントサイト「ハピタス」では、新規カード発行(キャッシング枠き)で6000ポイントゲット可能。通常500ポイントのところ、期間限定で6000ポイント(1ポイント=1円)獲得できます。詳しく紹介していきますよ~。

『ハピタス』の評判と危険性をまとめてみた

ポイントサイトとは

ちなみにポイントサイトとは、簡単に言えば「広告代理業」みたいなポジション。各企業はCMを打つのと同様、広告費をかけてポイントサイトで商品・サービスの紹介をしています。

で、ポイントサイトの会員が広告を利用すると、広告掲載側の企業からポイントサイトに報酬が支払われ、報酬の1部がポイントとして会員に還元されるという仕組み。獲得したポイントは「現金」はもちろん「ギフト券」や「航空会社のマイル」にも交換可能です。

なぜ獲得したポイントを「現金」ではなく「マイル」に交換するのか? 理由はシンプルだった!

ハピタス登録の簡単な手順

  1. ハピタス公式サイトへGO
  2. 空メールを送信
  3. 必要事項を記入
  4. 会員登録完了~!

最も稼げるポイントサイトをチェック

ポイントサイトの仕組みを理解したところで、オススメの「エポスカード発行」で最も稼げるポイントサイトを確認します。方法は簡単、ポイントサイト横断比較サイト「どこ得?」を使ってチェックしてみると……

やはり、ハピタス強し……年会費無料のカード発行で6000円ゲットは、ナイスタイミングと言えるでしょう。ポイント獲得の条件は「新規カード発行完了(キャッシング利用可能枠設定 + カード受取完了必須)」ですが、対象外となるパターンも確認しておきましょう。まとめると……

  1. 虚偽、架空の申込・不正・重複(IP・住所)・いたずら
  2. 同じ方からの2回目以降の申込・「エポスカード」を既にお持ちの方からの申込
  3. カード受取の確認が出来なかった方
  4. カード受取り後、即時解約された方
  5. キャッシング枠付与に至らない場合

といった感じ。また「サイトに訪問してから申込が完了するまでは、必ず同じブラウザを利用してください」とのことでした。

エポスカードをオススメする理由

では続いて、個人的にエポスカードをオススメする理由をサクッと紹介します。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行傷害保険が自動付帯
  3. 海外キャッシングの返済がネットから可能
  4. マルイ・モディで年4回の10%割引セール(マルコとマルオの7日間)
  5. Apple Pay対応
  6. tsumiki証券が使える
  7. ポイントがもらえる入会特典あり
  8. 即日発行
  9. ゴールドカードに招待されるハードルが低い
  10. 年会費無料のゴールドカードで空港ラウンジ利用可能

──いかがでしょうか。年会費無料で持てるうえに、新規発行だけで「ハピタス」と「エポス」のポイント2重取りができるうえに、持っているだけで海外旅行保険が自動付帯なのは魅力的でしょう。

即日発行にも対応しているから、旅行前でも審査が通ればOKという安心感もあります。また、エポスをメインで使って「ゴールドカード」への招待が届いたら、エポスゴールドカードの年会費も永年無料です。空港のクレジットカードラウンジも利用できるコスパ最強のカードと言えるでしょう。

ちなみに私も「エポスカード」でオトクにラウンジを利用しています。Apple Payも使っていますよ~。

最大1万1000円分ポイントゲット可能

現在(2018年11月30日)、エポスカードの入会キャンペーンでは最大5000円分ポイントプレゼントキャンペーンを実施中なので、ハピタスの6000円分と合わせたら、1万1000円相当のポイントを獲得することが可能。興味がある方は、ぜひこの機会にエポスカードに申し込んでみてください!

ハピタス登録の簡単な手順

  1. ハピタス公式サイトへGO
  2. 空メールを送信
  3. 必要事項を記入
  4. 会員登録完了~!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ホテル予約サイト『Kaligo』は爆発的にマイルが貯まる / 初回予約で1000マイルゲットできるぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です