株アプリ「STREAM(ストリーム)」評判まとめ! 「株式手数料ゼロ」で「楽しさ無限大」だと話題!

STREAM(ストリーム)

株式委託手数料がいつでも何回でも無料になる日本初のサービス『STREAM(ストリーム)』が話題となっています。

売買手数料がゼロで株式が購入できるとは……しかもちょっと楽しそうなので詳しく調べてみました。ということで今回は「ストリームの仕組みや特徴」を紹介します~。

複雑な株取引が超シンプルに……!

ストリームは “スマホアプリ” なので、スマホに特化したサービスであります。まずは特徴をざっくり箇条書きにしてみましょう。

  1. 従来型手数料は、いつでも何回でも無料
  2. スマート取引でさらにオトクに!
  3. コミュニティを使えば使うほど、信用金利がオトクに!

STREAM手数料

ストリームを利用する1番のメリットは「株式取引手数料がずーっと無料」だということ。現物取引も信用取引もすべてゼロであります(わからない場合はスルーしてもOK)。アプリのダウンロードももちろん無料。
ストリームの手数料は0円

手数料がゼロとなると「ストリームの収入はどこから?」という疑問が生まれます。この疑問を解決するのが “特徴2” で挙げた「スマート取引」という仕組み。
STREAMスマート取引

これすなわち、同じ株式を取引する際に「東証」や「他の市場」を自動的にチェックして、最も良い条件(有利な価格を付けている取引所)で取引できる仕組み(SOR)のこと。
スマート取引

で、東証よりも有利な価格で約定(売買が成立)した場合のみ、東証との価格差の半額分が「手数料」として徴収されます。上記の例で言うと、差額24円の半額「12円」が取引手数料となるわけですね。

ここがPOINT!
自動で “その時1番オトクな市場” に注文してくれるから「利用者は東証よりも有利な価格で株式を購入できる」&「ストリームも成功報酬として手数料を徴収できる」というWIN-WINの関係が成り立っているわけであります。(東証よりも有利な価格で約定した場合のみ、ストリームが手数料を徴収するのがポイント)

そして “特徴3” で挙げたコミュニティについて説明すると……ストリームアプリ内には「ユーザー同士が情報を共有しているコミュニティ」が構築されています。
効率的に投資の情報収集

多くの投資家が新鮮な情報を発信しているだけでなく、投資に関する疑問をアプリ内で解決できる環境も整っているので、投資の勉強にもオススメできるでしょう。自分が知らない「注目銘柄」が見つかるかも。
投資の疑問をみんなで解決

ちなみにこちら、ログイン / 役立つ / フォロー / コメント等のアクションはポイント化され、ポイント数に応じてクラスが決定される仕組み。楽しみながら勉強ができて、使えば使うほどオトクになるのは嬉しいポイントであります。

ストリームのデメリット

「手数料が無料」で「投資初心者の方も勉強できる」アプリなので、なかなか欠点が見当たりませんが……アプリなのでスマホユーザーしか利用できないというのがデメリット。推奨環境は……

  1. iOS:9.0以上
  2. 端末:iPhone 8 / iPhone 7 Plus / iPhone 7 / iPhone 6s Plus / iPhone 6s / iPhone 6 Plus / iPhone 6 / iPhone 5s

  3. Android:4.4以降
  4. ※推奨環境を満たしていない環境では、アプリが正常に動作をしない場合があります。

──といった感じ。また、未成年者口座は作成できませんので要注意。

クチコミは上々

評価とレビュー

ストリームのクチコミは上々。iOSアプリ上の評価は5段階中「4.4(629人がレビュー)」。株の勉強になることはもちろん、UI(ユーザーインターフェース)もシンプルでわかりやすいとのこと。
クチコミ

ストリームの口コミ

運営会社は……

ストリームを開発・運営しているのは、株式会社スマートプラス。金融を「サービス」として再発明することをビジョンとするFinatextグループの会社です。
大和証券とフィナテキストによって立ち上げられた「スマートプラス」

Finatextは「個人投資家」向けのユニークな金融サービスの開発に強く、国内で最大規模のユーザベースを獲得しています。明日の株価を予想するアプリ「あすかぶ!」や、楽しい投資信託選び「FUNDECT」等も有名。

ストリームの口座開設手順(最短5分)

  1. コミュニティ型株取引アプリ「STREAM(ストリーム)」のインストール
  2. アカウント登録
  3. ログイン
  4. 口座開設の必要情報の入力
  5. 本人確認書類のアップロード
  6. 口座開設審査
  7. 取引開始!

現物取引の流れ

現物取引の流れ

  1. 口座開設
  2. 入金
  3. 銘柄を選択
  4. 株式を買う
  5. 株式を売る
  6. 出金

信用取引の流れ

信用取引の流れ

  1. 信用取引口座開設
  2. 信用取引の基礎を確認
  3. ※信用取引は、預り金や保有している現物株式(代用有価証券)を担保にして取引すること

  4. 新規建注文を出す
  5. 保証金維持率と追証
  6. 返済注文を出す
  7. かしこい使い方を学ぼう
  8. ※「ロング・ショート戦略」「裁定取引(アービトラージ)」等についてはこちら

株アプリ「ストリーム」まとめ

──ということで今回は、株アプリ「ストリーム」についてまとめてみました。株式手数料が無料で、コミュニティ内での情報交換が活発なので、投資初心者の方も始めやすいサービスだと言えるでしょう。興味がある方は、ぜひ手数料0円の株式投資を体験してみてください!

ストリームの口座開設手順(最短5分)

  1. コミュニティ型株取引アプリ「STREAM(ストリーム)」のインストール
  2. アカウント登録
  3. ログイン
  4. 口座開設の必要情報の入力
  5. 本人確認書類のアップロード
  6. 口座開設審査
  7. 取引開始!
おつりで投資「トラノコ」おつり投資「トラノコ」はポイントやマイルも投資できる! コツコツ貯める人にオススメ! ぴたコイン「ぴたコイン」の評判・使い方まとめ / 完全無料でビットコインがもらえる優良アプリ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です